カフェインの効果

想像以上にあるカフェインの刺激

カフェインは、世界的に最も広く使われている頼れるエナジーブーストとして、社会的に受け入れられている薬です。単に味が良いからだけでなく、気分や集中力を向上し、代謝を上げて脂肪の代謝を促すという研究結果も出ています。


どのように作用するか


カフェインを摂取すると、脳内の異なる受容体をブロックする3つのことが起こり、その結果様々なことが起こります。


  1. カフェインは、活性化によって眠気を促進する「アデノシン」受容体をブロックし、私たちの覚醒と集中力を保ちます。
  2. これが連鎖反応を起こして副腎を活性化させ、「アドレナリン」、別名「闘争ホルモン」を生成します。アドレナリンは心拍数を上げ、気道を開き、臓器から筋肉へ血液の流れを促すことでエネルギーを高めます。
  3. カフェインは、体内への再吸収を阻害することで、脳内のドーパミンを増加させます。これがドーパミンレベルの上昇につながり、気分が良くする作用があります。

コーヒーに含まれるカフェイン VS. ガラナに含まれるカフェイン


カフェインをコーヒーを飲んで摂取するのが好きか、ガラナカフェインであるイーグルエナジーを吸引して摂取するのが好きか、いずれにせよ、有効性とメリットという観点でいうと、カフェインの効果は似ているようで異なります。


  • ブラジルのアマゾナス州とバイーア州で収穫されたガラナの種子には、コーヒー豆や茶葉の4倍のカフェインが含まれています。ガラナエキスはイーグルエナジーの主成分です。人気のあるエナジードリンクにも、カフェイン源としてガラナを使用されています。
  • ガラナには「タンニン」と呼ばれる分子が含まれており、この分子がカフェインを体内で徐々に放出させます。これにより、安定したエネルギーが長く続き、吸引によって血流に成分を届けることで、より効果的にカフェインを摂取することができます。
  • カフェインを飲んで摂取するとき、カフェインは5時間以上体内に残り、イライラ感をもたらしたり、睡眠に影響を与えます。また、エナジードリンクでの摂取の場合には、シュガークラッシュも起こりえます。しかしながら、カフェインを吸引で摂取する場合は、代謝が非常に早く、1時間程度で代謝されるため、摂取量が調整できます。
  • カフェインを飲んで摂取する場合、お腹の調子が悪くなるという方もいらっしゃいます。吸引での摂取の場合、そのような問題は起こりません。

検討すべきこと


少量ずつ、複数回によるカフェインの摂取は目を覚ますための得策

ハーバード医科大学の研究で、人間の睡眠・覚醒サイクルについて詳細に研究がなされています。シフト制で働く労働者、医療従事者、長距離運転手、その他の長時間起きている必要のある人々に対して、朝と午後の気分転換として大きなカップのコーヒーや紅茶を飲むよりも、少量のカフェインを頻繁に摂取することが、より効果的な方法であると提唱しています。


>> イーグルエナジーは1日を通してあなたが必要な時いつでもエナジーを届けるということを考えると、ハーバード大学の研究は一理あるように思えますね。


カフェインは不安な気持ちをなだめる

ドーパミン(快楽物質)の話に戻ると、カフェインは、気分の調節を司る脳の領域である前頭前野のレベル上昇をサポートします。また、不安の調節に重要な脳の別の部分である扁桃体におけるドーパミンの貯蔵を助けるとも言われています。結論から言うと、カフェインによって、不安感を軽減し、より幸せな気分になる人もいます。


>> どのようにカフェインを楽しんだとしても、何かに挑戦する人にとって、カフェインは不安感を減らす良い効果をもたらしてくれます。